メインイメージ

持ち運びについて

包丁の研ぎ方と持ち運びについて


包丁を使用していると、どうしても研ぎが必要になる場面があります。特に油成分の多い食材や、硬い質を持っている食材などをカットしているうちに、自然と刃の部分が丸みを帯びてしまうことになります。

包丁の使用に関しては一定のメンテナンスを行うことも必要とされていて、例えばどのような食材であってもカットなどを行った後には綺麗に洗い流すことが必要とされています。

洗った後にも水滴などを全て除去することも基本とされていて、そのまま収納してしまってはサビの原因や、柄の部分の腐食が進んでしまうことになるために、必ずできるだけ乾燥させてから収納することが求められている内容です。

また、収納する際にもおすすめになることでは、刃先を下に向けることになり、この方法を継続することによって、柄を守ることができます。刃が丸みを帯びてしまった包丁の場合では、砥石などを利用して刃を研ぐことが必要になりますが、包丁を寝かせた状態で、均一の力を加えてゆっくりと研ぐことが必要になります。
現在では家庭用として販売されている研ぎ器なども用意されているために、技術的な部分で不安を持っている方の場合では、活用してみることもおすすめになります。

包丁を仕事用として利用している方の中には、屋外へと持ち出すことを行う場面もあります。一般的にはそのままの状態で持ち運びを行うことに関しては、法的な部分に抵触してしまうことになるために、必ず一定の配慮を行うことが必要とされています。一番におすすめになることでは、包丁専用として販売されているキャリングケースなどを利用して収納してから持ち歩く方法になります。

包丁を購入した際には専用の収納ケースなどが付属されている場合もあるために、しっかりと保管しておくことも大切になります。方に触れないためには、しっかりと保管されていることと、直ぐに使用することができない状態にあることが前提とされていて、尚且つ持ち歩くことについて明確な理由を持っていることが必要です。
料理人の場合では既に明確な理由を持っているために、持ち運び方法をしっかりと行うことによって問題を全てクリアすることができます。
また、現在ではインターネットが普及していることもあって、ネット上にも便利なサービスが用意されています。その中には専用のケースを販売しているサイトや、研ぎなどを代行して行ってもらうことのできるサービスなども用意されているために、目的に応じて利用することがおすすめになります。

最近の投稿