メインイメージ

砥石を活用

砥石を活用した包丁の研ぎ方について


使用している包丁は、一定の期間を使い続けることによって、次第に切れ味が悪くなってしまうことがあります。この現象は包丁の素材が金属で作られているために、自然と摩耗してしまうことによって引き起こされることになり、一般的には自然なこととして認知されています。

包丁の研ぎ方としては、いくつもの方法が用意されていて、家庭用として販売されているシャープナーというアイテムも広く普及しています。シャープナーの種類の多くは既にガイドが設置されていて、小さ目な砥石が内蔵されているものがメインとなるために、誰でも簡単に利用できるメリットを持っています。

この方法を選択した場合でも十分に切れ味を復活させることができる場合もありますが、古くから伝わる砥石を利用することによって、包丁を新品のように蘇らせることも可能となります。一般的な砥石を使った研ぎ方に関しては、最初に砥石の状態を把握することが必要になります。

一般的に用いられているものでは、レンガのような見た目を持っているものになりますが、砥石の表面などを確認することが必要になり、平らに仕上がっていることをチェックすることがおすすめです。例えば歪みや凹みなどが発生している場合では、砥石を調整することが先決になります。

その後は水で濡らした布巾などを用意して、作業台の上に置きます。布巾の上に砥石を乗せることによって、作業中に動いてしまうことを防ぐことができます。包丁は刃の部分を手前に向けることが必要になり、若干の角度を付けた後に、砥石の後ろ側へと包丁を滑らせます。

その後は手前に戻し、さらに後ろ側へ滑らす動作を繰り返すものですが、力の配分としては後ろ側に滑らす際にある程度の力を加えることが良い方法になります。また、砥石には一定の幅といものがあり、一度に包丁の刃を全て研ぐことが難しい場合があります。

この場面では、刃の部分を分割して数回に分けて研ぐことによって、綺麗に仕上げることができます。研いだ後には裏側に金属片が若干残ることになるために、裏側を砥石の上で軽く滑らすことによって、処理を行うことができます。

尚、裏側を研ぐことも行う場合では、包丁を逆向きにして同じ動作を繰り返すことによって、作業を進めることができます。完了後には水洗いを行って、金属粉などを綺麗に取り除くことも必要とされていて、包丁の状態によっては錆落としを行ったり、クリーナーなどを利用して洗浄することもおすすめになります。

最近の投稿