メインイメージ

鏡面仕上げ

包丁を鏡面仕上げにする方法と研ぎに関すること


普段から愛用しているような包丁の場合では、鏡面仕上げなどを行って、常に綺麗な状態に施すことを希望されている方も存在しています。実際にプロの料理人の中には、毎日お手入れをしっかりと行っている方も多く、大切なアイテムとされています。

実際に包丁を鏡面仕上げにする方法として、自宅などでも行うことのできる方法では、耐水ペーパーなどを活用する方法が用意されています。

元々の包丁の状態によって大きく変わりますが、耐水ペーパーにも様々な目の状態のものが用意されているために、例えば800番や1000番、2000番、3000番などを活用する方法があります。

基本的に粗目のものから使用することが良い方法になり、水をかけながら綺麗に表面を磨いていくことが必要で、時には包丁を洗い流しながら実際に目で確認した上で、作業を進める必要があります。最終的には金属製品などを磨く専用の磨き剤などでクリーム状のものも販売されているために、仕上げとして利用することもおすすめになります。

鏡面仕上げにするためには、包丁の表面に小傷などが無い状態に仕上げることがメインとなるために、最終的には目の細かいもので磨く作業が必要になります。この点に関しては、包丁を取り扱っている専門店などでは、作業の一つとして引き受けている場合もあるために、活用してみることもおすすめになります。

研ぎに関することとしては、通常では砥石を利用して作業を進めることになりますが、砥石の使用方法に関しては一定の技術というものが必要とされています。シャープナーなどと呼ばれている研ぎ器なども販売されているために、技術的な部分で不具合を起こしている方の場合では活用してみることもおすすめになります。

包丁を完璧に綺麗な状態に施した場合では、できるだけ長い期間にわたって維持していくことを希望している方も多い傾向にあります。
そのためには、普段からのお手入れを欠かさずに行うことが何より大切になり、使用後には綺麗に洗浄を行って、適切な方法で収納することが必要になります。

インターネットなどを利用して、検索を行った場合では、数々の包丁の専門店などのホームページを目にすることができます。
お店によっては磨きの他にも研ぎに関する作業も行っているケースもあり、遠く離れた地域にお住まいの方の場合でも、包丁をしっかりと梱包した上でお店に郵送することによって、作業を行って頂くことも可能とされており、便利に活用できます。

最近の投稿