メインイメージ

選び方と研ぎ方

包丁の選び方と研ぎ方について


包丁には、とてもたくさんの種類があります。形や色、用途によってもさまざまです。しかし、プロは別ですが、普通の家庭では何種類も必要なものではありません。

慣れた方であれば、一本の包丁でたいていのことはできてしまうものです。一般の家庭で使うものの選び方としては、一本あればたいていのことには対応できるものがいいです。それは、三徳包丁か牛刀になります。どちらかがあれば、一般家庭での料理に不自由することはありません。

また、これらの刃渡りは、18センチ前後が使いやすいとされています。また、体型が小柄な方であれば、刃渡り15センチ前後が使いやすいとされています。しかし、15センチ前後となると、大きなものを切りづらいというデメリットはあります。さらに、余裕があれば、果物の皮むきなどに重宝する、刃渡り10センチほどのペティナイフが一本あればさらに便利です。また、家で自分で魚を捌いたりされる方は、小出刃が一本あればとても捌きやすいので便利です。

また、そんなに頻繁に魚を捌かないという方は、3000円ほどの安い小出刃で十分です。安い包丁はすぐに切れ味が悪くなってしまいますが、研げばまた切れるようになります。

しかし、家でも頻繁に魚を捌いたりして料理をされるという方は、もう少しいいものを使ってもいいと思います。使う頻度によって、包丁も選んだらいいです。この、今紹介した包丁さえあれば、一般の家庭では十分です。多くても三本あれば大丈夫ということです。

菜切り包丁や中華用のものもありますが、一般の家庭では使わないため必要はありません。また、包丁を研ぐには、砥石が最もよいです。
砥石は、よっぽど安いものでない限りは、どんなものを使っても特に影響はありません。一般の家庭用として使うのであれば、中研ぎと仕上げ砥石で十分です。荒研ぎは不要です。研ぐのは慣れることも必要ですが、基本的には誰でも簡単に研ぐことができへます。

中には砥石は面倒だと思う人もいます。そのような方は、包丁研ぎ器を使えばとても楽です。しかし、100均で売ってあるものは使うのをお勧めしません。
100均のものを使うと、ますます切れ味が悪くなる恐れがあります。できれば、側面から挟み込むタイプのものがお勧めです。研ぎ方はまず、表面、それから裏側を研ぎます。角度は約10度がいいとされています。砥石に対し、斜めに包丁を置き、左手はぴったり揃えて刃をおします。

最近の投稿